フィリピン最大の日系企業hallohallo Inc (ハロハロインク)

アジアで第2位の経済成長率である、フィリピン。その面積は300,000㎢と日本の約80%ながら、メトロマニラ(マニラ首都圏)は東京23区よりやや広いエリアに2,200万人の人口を抱える世界第5位の都市圏でもあります。東京からは約4時間半という近さも魅力のひとつ。そんな日本から一番近い東南アジアであり、今最も注目すべき“パワフルな都市”メトロマニラをレポートしてきました。

発展を牽引する日本企業「ハロハロインク」
フィリピンでも注目されている急成長中の日本企業ハロハロインクが手掛ける、ハロハロアライアンス(Hallo2 Aliance)。「社会のソフトインフラを構築、国家の繁栄、人類の平和と幸福の実現に貢献すること」をミッションに掲げ、フィリピンへの進出サポートを行うハロハロビジネス、ツアーやビザ取得の代行を行うハロハロトラベル、不動産管理や売買・賃貸仲介などを行うハロハロホーム、預金やクレジットを行うハロハロバンク、カーローンやキャッシングサービスを行うハロハロファイナンスの他、エンターテイメントやスクールなども展開。日本とフィリピンの架け橋になるべく、日々躍進しています。

アライアンス②

ハロハロが手掛ける「MOVIE STARS CAFÉ」は地元でも大人気の巨大エンターテインメントレストラン。

クールジャパンショップから日本を発信!
そんな数ある事業の中でも多くの人との接点となるのが、ショッピングモール内に構える「クールジャパンショップ」。日本で人気の雑貨、食品、コスメなどを販売するセレクトショップです。2015年10月のメトロマニラのモール内にオープンした1号店を皮切りに、2017年3月末日までに120店舗展開を予定しています。

アライアンス③

笑顔が素敵なクールジャパンショップの店員さんたちと。

このクールジャパンショップでは、低予算でも出品・出店が可能な仕組みが採用され、より日本からの進出がしやすい状況とフィールドが作られています。また、2017年にオープンを予定している日本発のテーマパーク・クールジャパンモールは、チームラボが提案する未来の遊園地や、PIXIVによるイラスト・漫画・アニメなどのミュージアムも設置。マニラをハブとして、世界に日本の良さを知ってもらうための整備が、着々と進められているのです。

アライアンス④

クールジャパンイベントでは、世界のデジタルアート界を牽引するチームラボの猪子寿之社長も登壇。

アライアンス⑤

「あまちゃん」や「AKB48」などの日本のコンテンツはフィリピンでも大人気。

ビューズアジアでは今後ハロハロインクと提携し、クールジャパンショップを始めとしたフィリピン進出のサポートを実施して参ります。今後、アジアを牽引する経済大国になるフィリピンでビジネス展開をお考えの際は、是非ご相談下さい。Info@beaus.net

クールジャパンフェスティバルオフィシャルサイト

・・・・・・・・・・・・

ビューズではフィリピンを始めとしたアジア進出支援に取り組んでおり、
2016年02月18日 「アジア進出セミナー」を実施いたします。


女性文化人エージェンシー PRビューズ