ユーザーを喜ばせるのが成功の秘訣!? Googleから評価される記事とは

d7838-32-804708-2

今、大きく注目を集めている“コンテンツマーケティング”。制作したコンテンツを多くの方に見てもらう、すなわち検索エンジンで上位を狙うために欠かせないのがSEO施策です。

数年前までは「○文字ごとにSEOワードを入れ込む」「被リンクを集めることが大事」だとされていましたが、Googleの検索アルゴリズム変更により、SEOワードが散りばめられただけのページは評価されにくくなってきました。

現在Googleが評価するのは“良質なコンテンツ”だと言われています。検索ユーザーにとって役立つコンテンツを提供することが、SEOの成果を上げるための一番の近道であり、コンテンツ制作者が良質なページを作れば、その努力が報われるようになったのです。

これを「大変だ」と捉える人もいますが、「良いものを作りたい」「ためになる情報を発信したい」と考えているライターや編集者にとっては、頑張った分だけそれが数値となって見て取れる、とても有り難い状況と言えそうです。

 

良質なコンテンツってなに?

結論から言うと、「検索エンジンから訪れたユーザーが満足するページ」のことです。

「時短 メイク」と検索する人は、朝時間がないときでもさっとできるメイク術やそれを実現するアイテムを知りたいと考えていますし、「デート 香水」で検索する人は男性ウケする香水や、つける場所やタイミングを知りたいと思っています。

数あるコンテンツの中から、どの情報がユーザーに役立つものかを判断し、検索エンジン上位に表示させるかを決めるのがGoogleのアルゴリズムであり、「良質なコンテンツ」の基本なのです。

 

「記事を書く人」も重要

インターネットで検索すれば、大抵の情報はすぐに手に入れることができます。そのため、様々なサイトから情報を寄せ集め、自身の言葉に直すことで“新たな記事”を作成しているコンテンツサイトも存在します。

低予算で多くの記事を量産するためには、この手法もアリでしょうが、先ほど記載したように、Googleは「ユーザーが満足するページ」を評価します。“既に見たことのある情報” “誰が書いたのかわからない記事”で、ユーザーを満足させることができるか? と考えたとき、よっぽど作り込まれたページでない限り、その答えは「ノー」でしょう。

専門家が名前や顔を出しているから信用できる。専門家自らが経験したことを通して情報発信をしているから他サイトとは情報が被りにくい(コピーサイトにもならない)など、書く人によってページの質は大きく変わってくるのです。

 

beausとマージナルは、専門知識をもった女性が記事執筆を担当することで“ユーザーが満足するページ作成”を行うほか、編集者による記事校正をフローに組み込むことで、よりブラッシュアップされた記事提供を実現しました。

美に関する情報発信のプロたちが、「専門家による質の高いコンテンツを作りたい」というクライアント様の想いをカタチにします。コンテンツマーケティングのページをご覧の上、気軽にお問合せください。

▼beausコンテンツマーケティング事業

http://beaus.net/contents/


女性文化人エージェンシー PRビューズ