【PRの基本】トレンドを知れば見えてくる!時流に合った拡散とは?

a0001_017879

商品のこと、ブランドのこと、そして自社のことを、企業は多くの人に知ってほしいと考えるもの。そこで重要となるのが「PR活動」です。そこで今回は、PRの基本に加え、いま注目されるPR手法をご紹介します。

 

■そもそも「PR」ってなに?

PRは、「Public Relations(パブクック・リレーションズ)」の略であり、日本パブリックリレーションズ協会によると「20世紀初頭からアメリカで発展した、組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団・社会)との望ましい関係をつくり出すための考え方および行動のあり方である」とされています。
実際に使用されているシーンでの定義は曖昧で、「広告・宣伝」もひっくるめて、PRとされることもあれば、広告・宣伝とは切り離す意味で、「広報・PR」とされていることもあります。
人や業界によって捉え方に個人差はあり、例外もありますが、弊社が考える「広告・宣伝」とは、企業が発信者となって、直接的に顧客に情報を届けるもの。一方で「広報・PR」は、リリースやプレス発表会などを通じて、第三者によって多くの人に情報を広げてもらうことを目的とした「パブリシティ」と位置づけています。伝えたい情報をひろく届けるという目的が共通しており、最近では手法が複雑化するなかで、広告・宣伝に近い広報・PR活動も多く存在しています。

 

■「PR」の種類

では、「広報・PR」活動はどのような種類があるのでしょうか? 大分すると、企業そのものをPRする「企業(コーポレート)PR」と、各サービスや商品をPRする「商品(マーケティング)PR」があります。ここでは、例として「ある企業が新作商品のPRを行う」商品PRの事例をとって、ご紹介します。

・プレスリリース

その商品がいつ発売され、どのような特徴をもっているのか、ウリはなにかなどの商品情報をまとめた資料を作成します。そして、新聞社、雑誌、テレビ局、webサイトなど、各メディアに発信します。実際に届けることもあれば、FAXやメール、最近では、提携しているメディアに幅広く拡散してくれる、プレスリリース配信サイト・サービスの利用も増えています。受け取ったメディアがプレスリリースの内容に興味を持った場合、掲載に繋がります。メディアの掲載作業の時間を考えて、発売日よりも数か月前にプレスリリースを発信するケースが多いです。

・新製品発表会

プレスリリースよりもさらに具体的に商品の魅力を伝えるのが、新製品発表会です。メディア関係者を招いて、発売日の数が月前に実施されるケースが多く、商品を実際に試してもらいながら、メディア関係者と関係構築するのも目的のひとつです。
最近では、メディア関係者だけではなく、有名ブロガーや大勢のフォロワーを抱えるインスタグラマーといった「インフルエンサー」の拡散力をメディアのひとつとして考えて、インフルエンサーを招いた発表会も増えています。ビューズではインフルエンサーのキャスティング事業をしています。http://beaus.net/influencer/

・プレスキャラバン

プレスリリースが、マス向けに発信する一方、キャラバンは特定のメディアや個人向けに、直接商品の魅力を伝えに行く、「営業活動」のようなものです。実際の商品を持参して、特定のメディア関係者に具体的に魅力を伝えることで、より深い関係の構築や、商品を深く理解してもらうことを狙います。プレスキャラバンを続けることで、たとえば「次号で、ちょうどこういうネタ欲しかった」というメディア側のニーズをくみ取ることができ、パブリシティにつながるケースも多々あります。

 

■いま注目される、PR活動とは?

これまで、PR活動の対象は、メディアが多かったのですが、最近では、個人のインフルエンサーが対象とされるケースが増えています。インフルエンサーは、その名の通り、自分自身がメディアとなって、多くの人に情報を拡散する力をもっています。一般に知られる著名人ではないにもかかわらず、10万人以上ものフォロワーをもつインフルエンサーも多数存在しており、その拡散力に注目が集まっています。
顧客ターゲットにリーチするインフルエンサーをチェックして、その方に商品を知ってもらうことで、その先にいる多くの潜在顧客に情報を届けることが期待されています。対メディアだけではなく、対個人にまで広がってきたなか、PR活動はとても煩雑、複雑化してきていると言えます。

プレスリリース、発表会、キャラバン、インフルエンサーへの情報提供など、PR活動は「輪」が重要になります。そのため、より広い輪を求めて、広報・PR代行サービスが活用されています。

PRは、短期間での目に見える売上増を見込む、広告・宣伝とは異なり、知名度の向上や、ブランド・会社イメージの向上を目指すことで、企業の土台をパワーアップすることに繋がることら、「草の根運動」とも呼ばれることもあります。いくら素晴らしい商品をつくっても、良いイメージをもつか否かによって、売上が大きく左右することは言うまでもありません。

38E24D6D-7B1A-48EF-93ED-B27E77FAF5D3 (2)

 

■beausの取り組み

beausでは、PRのコンサルから、業界に特化したインフルエンサーや専門家とのつながりから、より効果的なPR活動をサポートしています。

商品に対して、権威付けやブランディング、話題作りなどの不可価値を付けることもPRの一環です。beausでは権威付けや商品価値を高める施策として「専門家キャスティング」を行っています。例えば、商品に専門家の推奨コメントを付けたり、専門家自身がSNSで発信するほか、商品の企画開発などに携わることも可能です。また、広くスピーディーに拡散したい際には、インフルエンサーを起用します。

企業側の一方的な発信をするPRの手法では、不十分な時代。また、どんなに良い商品でも、消費者に正しく情報が届かなければ、その良さは伝わりません。より広く・信頼性をもって多くの方に伝えるための施策が大切です。まずはお気軽にご相談ください。


  • PR事業
  • 販路事業・在庫処分
  • インフルエンサー事業
  • 商品開発・監修