毎朝のジョギング、サラダ中心の低カロリーな食事制限と、もうすぐ来る薄着に備え、ダイエットに励む女性が増えてくる季節になりました。

でももし、あなたが痩せて綺麗になるためにしていたヘルシー習慣が実はあなたの身体の老化を早めているとしたら、どうしますか?

今回はヘルシー習慣と老化の関係についてお話します。

 

 

有酸素運動とそのメリット

ダイエットといえばジョギングや水泳などの『有酸素運動』をイメージする方も多いと思います。

有酸素運動とは、その名の通り、酸素を使って体内の脂肪を分解、燃やしてエネルギー源として使用する運動方法です。ウォーキングや軽いジョギング・水泳・サイクリング・ラジオ体操やヨガ・ピラティスなどがあります。一般的に有酸素運動で期待できる効果は、冷え性の改善、美肌や美髪効果、ストレス解消、など、どれも、健康と美容のためには良いことづくめ。有酸素運動自体が老けるわけではなく、やり方に問題があるのです。やり方を間違わなければ、有酸素運動はとても健康にも美容にも良いものです。

老ける有酸素運動とは?

大量の酸素を取り込んで行う有酸素運動でも、実は「老ける」やり方があります。
あなたは、以下のやり方をしてしまっていませんか?

  • キツい運動を続けている
  • 日中、紫外線対策をあまりせず運動している
  • 「楽しい!」と思えないつらい運動をイヤイヤ続けている
  • 食事制限をしながら運動をしている

急いで痩せたい!なんて理由でストイックにダイエットをはじめた女性は、全部当てはまってる…なんて人もいるのでは。食事制限しながら日中運動、、これは確実に老化を促進してしまう間違った方法です。

老化の原因!活性酸素とは?

老ける原因は「活性酸素」先ほど説明した間違った運動の仕方は、活性酸素を余分に増やし、細胞の酸化を招いてしまうやり方です。

活性酸素とは?
活性酸素は、体内に取り込んだ酸素から作られます。もともとは外部の刺激やウイルスなどから身体を守るために必要な活性酸素ですが、増えすぎることにより自分の細胞を酸化し、サビさせてしまうのです。

細胞の酸化が進むと、

  • 新陳代謝が悪化し、
  • 疲れやすくなったり、
  • 肌トラブルを起こしたり、
  • 白髪が増えたり

と老化を促進させてしまいます。

激しい運動に慣れない初心者がいきなり強度の高い運動を始めると、活性酸素を大量に発生させてしまうことになります。また、キツイ運動はどうしても呼吸が速く、浅くなってしまいがち。浅い呼吸は逆に血流を悪くしてしまうので、有酸素運動のメリットを減らしてしまうのです。

紫外線対策をきちんとせずに屋外で運動する

紫外線対策をせず運動することは絶対に避けましょう!

激しい運動×紫外線は最悪で、老化がハイスピードで加速してしまいます。

紫外線に当たると、それだけで活性酸素が発生します。発生した活性酸素はメラニン細胞を刺激し、シミやくすみ・肌のごわつきの原因になります。また、皮膚と同様に、目でも活性酸素は作られています。抗酸化酵素を持っているため、肌よりは酸化の影響を受けにくい目ですが、加齢によって紫外線の影響を受けやすくなると組織にダメージを受け、白内障を引き起こしたりします。

長時間屋外でスポーツする際は、忘れずに日焼け止め・帽子とサングラスを装着しましょう。

 

 

嫌々行う運動は逆効果。ストレスは老化のもと!

あなたが続けているその運動、「楽しい」ですか?もしそうでないなら、運動の種類や方法を見直す必要があります。楽しくない、つまらない運動を続けていると、それが次第に精神的なストレスになります。すると、脳からストレスホルモンのコルチゾールが分泌されます。コルチゾールが出てしまうと、活性酸素が増え、これも老化の原因になります。

つらい、苦しいは健康にも美容にも良くありません。運動の強度を軽くするか、気分が晴れる・負荷が少ないものに変えてみましょう。

運動とムリな食事制限は一緒にやらない!

確かに、脂肪や甘いものを取り過ぎればスリムな体型は維持できません。でも、ダイエット中だから食事は控える!といって、サラダだけ、など、無理な食事制限をしながら運動するのはNG。

美しく健康な肌や髪、そして爪は保湿やツヤを出す為に一定量の栄養が必要不可欠で、これらは食事でとるしかなく体内では作り出せません。

何年も食べないダイエットばかりしているという女性の中には肌や髪のパサつきが目立ったり、爪が割れやすくなってしまっている人も多いはずです。

良質なたんぱく質を中心に、適度な脂肪も美容の為に、ダイエット中にこそ、意識して食べましょう。
プロテインやナッツなども上手に取り入れ、ダイエットによるエイジングを食い止めましょう。

 

適度に楽しく!正しい有酸素運動で身体も心も若返る

適度な運動はダイエットに効果的で、ウォーキングは一日の平均歩数9000歩から一万歩、時間にして一日1時間40分程度でOK。ジョギングは、始めたばかりは5分、10分でも。好きな曲1曲分走ってみよう、くらいの気持ちでスタートするのがおすすめです。

たっぷりと酸素を取り込んで行う有酸素運動。最近では、呼吸に意識をおいた瞑想法「マインドフルネス」が忙しい女性に受け入れられていますが、呼吸が自律神経にもたらす影響は絶大。

ゆっくり深く呼吸をすることで副交感神経が刺激され、血の巡りが良くなります。近年話題となっている「毛細血管の強化」にもつながりますね。

美容にも、心身の健康にも効果抜群の有酸素運動、ぜひ「楽しんでムリなく」取り入れてみて下さいね。